top of page
  • eiichi shinjo

【助成金】2023年度 ドコモ市民活動団体助成事業

―よりよい未来のために頑張る仲間を応援します―


NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(以下:MCF)では、将来の担い手である子どもたちの健やかな育ちを応援する活動に取り組んでいる全国の市民活動団体に対して、2003年から公募による助成事業を実施してきました。


2023年度は、これまでの支援に加え、生物多様性が保全された豊かな環境を未来の子供たちにひきつぐことを目的として新たに「生物多様性の保全を推進する活動」を追加し「人・自然・動植物など」が共生する自然豊かな社会環境づくりに寄与する活動を応援します。


助成対象活動等

子どもの健全な育成を支援する活動

経済的困難を抱える子どもを支援する活動

生物多様性の保全を推進する活動


助成対象団体

・日本国内に活動拠点を有する民間の非営利活動団体とし活動実績が2年以上であること。

なお、法人格のある団体の活動実績については法人格取得前の任意団体の期間を含みます。

(基準日:2023年3月1日)

また、複数の団体が連携した協働事業の場合は、代表申請団体が上記の要件を満たしていることを条件とします。


・任意団体については、5人以上のメンバーで構成され、会則、規約またはそれに相当する文書を有し、適正な事業計画書、予算・決算書が整備されており、応募団体が活動する地域の中間支援組織(NPO支援センターやボランティアセンター、社会福祉協議会などの活動支援団体)からの推薦があることを条件とします。


※反社会的勢力とは一切関わっていないこと、また活動内容が政治、宗教、思想に偏っていないことを要件とします。


助成総額:4,200万円(上限)

1.子どもの健全な育成を支援する活動

1団体あたり上限70万円までの応募を可能とし、施策内容などを審査のうえ決定します。

なお、昨年度採択された団体からの応募については、1団体あたり上限100万円までの応募を可能とします。


2.経済的困難を抱える子どもを支援する活動

1団体あたり上限100万円までの応募を可能とし、施策内容などを審査のうえ決定します。


3.生物多様性の保全を推進する活動

1団体あたり上限70万円までの応募を可能とし、施策内容などを審査のうえ決定します。


助成対象期間

2023年9月1日~2024年8月31日の期間に実施する1年間の活動を対象とします。


応募方法

ホームページからダウンロードした申請書(Excelファイル)に必要事項を記入のうえ、MCF事務局【ドコモ市民活動団体助成事業申請フォーム】から申請してください。

なお、申請書の様式は「活動テーマ1、2」の子どもの健全育成と経済的困難な子どもを支援する 活動は「様式1」、「活動テーマ3」の生物多様性の保全を推進する活動は「様式2」としますので、申請内容に合わせた様式から申請してください。

ダウンロードはこちらから↓


応募受付期間 2023年2月20日(月)~3月31日(金)17時 厳守


お問合せ

NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)

〒100-6150 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー41F

TEL:03-3509-7651(平日10時~18時)




閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【セミナー】令和6年度「Fukushima Tech Create」ビジネスアイデアコンテスト(イノベのたまご2024)参加者募集

1 趣旨 福島イノベーション・コースト構想の対象地域(イノベ地域※)を舞台に今後活躍が期待される若年層及び女性起業家を対象とするビジネスアイデアコンテストを行い、果敢にチャレンジする方々を後押しするとともにビジネス創出につながる環境づくりを促進させることにより、同構想を加速化させることを目的に実施します。 (※)福島県の浜通り地域イノベ地域15市町村(いわき市、相馬市、田村市、南相馬市、川俣町、広

Comments


bottom of page