top of page
  • eiichi shinjo

【助成金】第36回 NHK厚生文化事業団 「わかば基金」

「わかば基金」は、地域に根ざした福祉活動を展開しているNPOやボランティアグループが、活動の幅を広げるための支援をしています。

福祉にとって厳しい時代だからこそ、「わかば基金」は地域に芽吹いた活動をもっと応援していきます。

次の2つの方法で活動を応援します。多くのグループからの申し込みをお待ちしています。


  • 1.支援金部門

  • 2.PC・モバイル端末購入支援部門

なお、1つのグループからの両部門への申請は受け付けませんのでご注意ください。

その他に、対象とならないグループや事業、注意事項がありますので、必ず下記募集要項をご確認ください。

支援対象(両部門共通)

  • 地域に根ざした福祉活動を行っているグループ

  • 任意のボランティアグループまたはNPO法人

支援内容・金額

1.支援金部門

  • ●国内のある一定の地域に福祉活動の拠点を設け、この支援金でより活動を広げたいというグループ

  • ●1グループにつき、最高50万円

  • ●20グループほどを予定

 

【対象となる活動(例)】

  • ・地域の高齢者や障害当事者、生活困窮者などの日常生活を支援したり、さまざまな福祉サービスの提供。(在宅か施設かは問いません)

  • ・障害当事者の社会参加や就労の場づくりの促進、またその活動の支援。

  • ・文化・芸術活動などを通じて、障害や年齢の枠をこえた交流や相互理解。

  • ・福祉活動を通じての自然災害被災地の復旧・復興。

  • ・被災地に必要な新たな福祉事業の展開。など

 

2.PC・モバイル端末購入支援部門

  • ●パソコンを利用して地域で活発な福祉活動に取り組んでおり、台数を増やすことで、より高齢者や障害者に役立ち、活動の充実を図れるグループ

  • ●1グループにつき、最高10万円を補助

  • ●30グループほどを予定

 

【対象となる活動(例)】

  • ・地域の高齢者や障害当事者、生活困窮者などへのパソコン指導サービス。(在宅か施設かは問いません)

  • ・障害当事者の社会参加や就労の場づくりの促進、またその活動の支援。

  • ・要約筆記や字幕、音声や点訳などでの情報保障。

  • ・オンラインでの学習支援や相談事業。

  • ・福祉情報の提供やネットワークづくりを通じての地域福祉活動の向上。

  • ・福祉活動を通じての自然災害被災地の復旧・復興


  • など

これまでの支援グループのいくつかを「わかばなかま」のコーナーで紹介しています。

募集要項と申請用紙

対象とならないグループや事業、その他注意事項がありますので、必ず募集要項をご確認ください。

申請は所定の申請用紙にご記入のうえ、ご郵送ください。

  • ■募集要項 (PDF) 別ウィンドウが開きます。

  • 申請用紙  (Excel版) (PDF版) 別ウインドウが開きます。

  • Excel版の申請用紙は、必ず保存してからお使いください。

  • 申請用紙は必ずA3判1枚に拡大してご提出ください。

受付期間

2024年2月1日(木曜)~4月26日(金曜)必着/郵送のみ受け付け

※令和6年(20024年)能登半島地震の影響により、例年の受付期間(約2か月)では申請が難しいグループもあることが見込まれるため、期間を延長いたしました。


申請・問い合わせ先

NHK厚生文化事業団「わかば基金」係

※申請の際には、あて先に、「わかば基金 ○○○○部門」とお書きください。

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-1

電話.03-3476-5955

お問い合わせフォーム  別ウインドウが開きます。



閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【セミナー】令和6年度「Fukushima Tech Create」ビジネスアイデアコンテスト(イノベのたまご2024)参加者募集

1 趣旨 福島イノベーション・コースト構想の対象地域(イノベ地域※)を舞台に今後活躍が期待される若年層及び女性起業家を対象とするビジネスアイデアコンテストを行い、果敢にチャレンジする方々を後押しするとともにビジネス創出につながる環境づくりを促進させることにより、同構想を加速化させることを目的に実施します。 (※)福島県の浜通り地域イノベ地域15市町村(いわき市、相馬市、田村市、南相馬市、川俣町、広

Comments


bottom of page