top of page
  • eiichi shinjo

【助成金】令和5年度 福島県赤い羽根共同募金助成事業(追加募集)

パンデミックの影響が長期化したことにより、虐待やドメスティックバイオレンス(DV)等により家庭で安全に過ごすことができない方、経済的な困窮により仕事を失った方など福祉の課題がより深刻化しました。パンデミック状況下においては、感染拡大を防止するために集合型の福祉活動が休止となるなどの様々な制限を受けつつも、地域福祉の現場の創意工夫により、つながることを諦めないための活動が多数展開されてまいりました。

このような福祉活動を引き続き支えるために、令和5年度福島県赤い羽根共同募金助成事業(一般公募)では、赤い羽根共同募金における全国共通助成テーマ「つながりをたやさない社会づくり~あなたは一人じゃない 」に基づき、社会的孤立に起因する課題に取り組む活動を優先的に助成します。


助成対象とする団体等

県内で活動するボランティアグループ、特定非営利活動法人(NPO)等であり、次の

要件をすべて満たしていること。

(1)団体の運営が自主性、非営利、公開を原則としている。

(2)会則(運営要綱、規約、定款)、事業報告書・決算書、事業計画書・予算書等が整備

されている。

(3)団体名義の金融機関預金口座を開設している。

(4)活動・事業に要する資金の確保に困難をきたしている。


助成対象とする経費

令和5年9月1日から令和6年3月31日までに実施する事業であり、次に掲げる経費を助成対象とします。

(1)事業のために必要な会議,研修,講演会,イベント,広報啓発,資料作成などにかかる経費

(2)事業のために必要な備品購入経費

(3)団体運営全般にかかる経費(団体立ち上げ時に限る)

(4)その他、配分委員会が特に必要と認める経費

※物品の必要理由、使用目的を明記してください。


助成額

(1)令和4年度共同募金運動(期間:令和4年10月1日~令和5年3月31日)で寄せ

られた寄付金を助成原資とします。

(2)助成総額は252万円とします。

(3)1団体30万円を限度とします。

(4)助成額は万円単位となります(※応募用紙の「助成要望額」は万単位未満を切り捨て

た金額を記入してください)


応募の方法

応募用紙【公募様式第1号】、事業計画書【公募様式第2号】を記入し、必要な書類(応募

用紙「3.添付書類」を参照)を添付のうえ郵送してください。

※応募用紙等は、福島県共同募金会のホームページよりダウンロードできます。

【福島県共同募金会ホームページ】 https://www.akaihane-fukushima.or.jp/


応募期間

令和5年7月10日(月)から同年8月21日(月)まで ※必着


郵送先・問合せ先

社会福祉法人 福島県共同募金会

〒960-8141 福島市渡利字七社宮111番地 福島県総合社会福祉センター内

TEL:024-522-0822 / FAX:024-528-1234




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【セミナー】令和6年度「Fukushima Tech Create」ビジネスアイデアコンテスト(イノベのたまご2024)参加者募集

1 趣旨 福島イノベーション・コースト構想の対象地域(イノベ地域※)を舞台に今後活躍が期待される若年層及び女性起業家を対象とするビジネスアイデアコンテストを行い、果敢にチャレンジする方々を後押しするとともにビジネス創出につながる環境づくりを促進させることにより、同構想を加速化させることを目的に実施します。 (※)福島県の浜通り地域イノベ地域15市町村(いわき市、相馬市、田村市、南相馬市、川俣町、広

Comments


bottom of page