top of page
  • eiichi shinjo

【助成金】一般助成 障害児・者(含む難病)に対する自立支援活動への助成

対象事業

・障害児・者の自立と福祉向上を目的とした各種活動

・障害児・者に対する自助・自立の支援事業

・採択後、令和6年6月1日から申請事業を開始し、令和6年11月30日までに終了する事業


対象団体

・営利を目的としない、次の法人格を取得している団体

(公益財団法人・公益社団法人、一般財団法人・一般社団法人(非営利型に限る)、社会福祉法人、特定非営利活動法人、認定特定非営利活動法人ほか)

・法人格のない任意団体は、当財団の理念に沿う公益活動において3年以上の継続的な実績と、これを証明する資料があり、且つ今後2年以内に法人化する予定がある営利を目的としない団体であれば対象

・難病患者会については、法人格の有無や活動年数などは不問


助成金額

半期予算5,000万円 1件あたりの上限金額は以下の通りです。(下限金額はいずれも10万円)

【福祉車両】300万円※車椅子等の昇降装置を装備した、車両本体の消費税が非課税の車両

【一般車両】200万円

【物品購入】200万円

【施設工事】300万円

【 その他 】200万円

※より多くの団体に助成するため審査の結果、申請金額を減額する場合があります。

 また、福祉向上のため極めて効果の大きいと思われる場合はこの限りではありません。


助成の対象種別

① 【車両購入】(福祉車両・一般車両)利用者送迎または移動、運搬に使われる車両の購入に対する助成(申請は1団体1台)

 ・福祉車両・一般車両ともに車両本体価格のみ助成対象(中古車含む)

 ・税金や手続き代行費、保険、付属品(ETC、カーナビ等)は対象外

② 【物品購入】施設で使用、設置する器具・備品等の物品の購入に対する助成

 (例:農場の物置、スヌーズレン、医療的ケア器具、卓上印刷機、ノートパソコン等々)

 ・パソコンについては、付属品を含め1台あたりの上限金額は10万円、超過分は自己負担

 ・単価1万円未満の消費物(例:インクカートリッジ、消毒用アルコール等)は対象外

※複数品目を購入する場合のみご提出ください。

③ 【施設工事】施設の新設、増改築、補修等の工事に関する助成

(例:浴室の移乗リフト設置、階段の手すり交換、玄関のスロープ設置、作業所内のバリアフリー工事等々)

 ・総額500万円以上の大規模工事は対象外

 ・助成決定前に実施(発注)している場合は対象外

④ 【その他】上記①~③以外で障害児・者の福祉向上に資する助成

(例:Webやガイドブックの作成、相談支援システムの開発導入、当事者の生活実態調査等)

 ・セミナーやイベント等の開催で定例化・シリーズ企画などは対象外


助成金の交付

・交付期間は、令和6年6月1日から令和6年11月30日

・助成決定後、「助成承諾書」その他必要書類を提出、その後銀行振込にて送金


申請方法

・助成金申請書をホームページよりダウンロードして必要書類と共に事務局宛にご郵送ください。

・申請内容等の事前のご相談については、随時受け付けています。遠慮なく事務局へメールでお問い合わせください。


各種申請書・詳細はこちらhttps://swf.or.jp/support1/

受付期間 令和6年1月5日~令和6年2月17日(消印)


申請書類の送付・お問合せ先

〒103−0022 東京都中央区日本橋室町3丁目2番1号 日本橋室町三井タワー15階

公益財団法人 洲崎福祉財団 事務局宛

電話番号:03-6870-2019  ※平日9:30~16:00 (土・日・祝 休み)

ファックス番号:03-6870-2119 




閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【セミナー】令和6年度「Fukushima Tech Create」ビジネスアイデアコンテスト(イノベのたまご2024)参加者募集

1 趣旨 福島イノベーション・コースト構想の対象地域(イノベ地域※)を舞台に今後活躍が期待される若年層及び女性起業家を対象とするビジネスアイデアコンテストを行い、果敢にチャレンジする方々を後押しするとともにビジネス創出につながる環境づくりを促進させることにより、同構想を加速化させることを目的に実施します。 (※)福島県の浜通り地域イノベ地域15市町村(いわき市、相馬市、田村市、南相馬市、川俣町、広

Comments


bottom of page