top of page
  • eiichi shinjo

【助成金】サンエス基金

サンエス株式会社は 1981 年設立以来、原子力施設のメンテナンスに携わってきましたが2011 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災に伴う福島原発事故により、多くの人や動植物が被災したことに心を痛めてまいりました。 被災した人々は平穏な日常生活を突然奪われただけでなく、避難した先での新たな精神的・金銭的な負担を強いられてきました。

金銭面に関しては、行政からの補助金を受けることができた人々がいる一方で、補助金が出ない、若しくは少ないことで、今なお安心して生活を送ることができない人たちもいます。


このような被災者(動植物を含む)を少しでも支援したいとの思いから、サンエス株式会社代表者が私財によりサンエス基金を設立しました。 被災者支援団体等を中心に、サンエス基金を有効に活用していただければ幸いです。 サンエス株式会社が地域と共に発展してきた恩返しをしたいと思っております。


助成対象となる事業の要件

以下の4分野のうちいずれかに該当すること。

1. 福島で暮らす被災者への支援事業

2. 福島から避難し日本各地で暮らす被災者を支援する事業

3. 被災動物、植物の保護・再生支援事業

4. 災害復興のための支援事業


助成対象となる団体の要件

上記助成対象事業に取り組む、特定非営利活動法人(NPO)・一般社団法人・社会福祉法人・任意団体などで、以下の要件を満たすもの。

1.日本国内に主な事業拠点があること

2.活動実績が1年以上あること

3.構成員が5名以上いること(法人格の有無は問いません)

4.事業報告、適切な資金管理などを行う体制が整っていること

※原則として上記要件を満たすことが必要ですが、諸事情により一部満たせない場合については、個別で審査いたします。


助成対象期間

本助成の対象は、申請事業において下記の期間内に発生する費用とします。(この期間内に

収まるよう新たな事業を立ち上げる必要はありません。既存事業において下記期間内に発生する費用について申請が可能です。)

■対象期間 2023 年 10 月~2024 年 12 月


助成金額

・助成総額 1,500 万円

・一件あたり助成額 50 万円~1,000 万円程度

・助成件数 2~20 団体程度を想定

※助成に対する申請状況、審査・助成決定の状況により助成件数等は変更される場合があり

ます。また1件当たりの助成額の目安を下回る申請も可能です。ご相談ください。


対象となる経費の種類

以下が助成対象となる経費の例です。

1.直接経費

2.間接経費

詳しくはHPの募集要項をご覧ください。


申請の方法

下記必要書類を郵送または E-MAIL にて事務局までお送りください。

■必要書類

・助成申請書(指定様式)

・最新の計算書類(活動計算書・貸借対照表・財産目録の3点またはそれらに類するもの)

・活動報告書など、直近1年程度の活動の概要がわかるもの

■締切 2023 年 12 月 15 日(金)必着


お問い合わせ先

公益財団法人 東京コミュニティー財団 事務局

東京都千代田区麹町一丁目 4 番地 半蔵門ファーストビル 5 階

TEL: 03-5212-5244 FAX: 03-5212-5216




閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【セミナー】令和6年度「Fukushima Tech Create」ビジネスアイデアコンテスト(イノベのたまご2024)参加者募集

1 趣旨 福島イノベーション・コースト構想の対象地域(イノベ地域※)を舞台に今後活躍が期待される若年層及び女性起業家を対象とするビジネスアイデアコンテストを行い、果敢にチャレンジする方々を後押しするとともにビジネス創出につながる環境づくりを促進させることにより、同構想を加速化させることを目的に実施します。 (※)福島県の浜通り地域イノベ地域15市町村(いわき市、相馬市、田村市、南相馬市、川俣町、広

Comments


bottom of page