top of page
  • eiichi shinjo

【イベント】「あのひとが着ていた ー布にのこるくらしの記憶ー」

永くいきてきた布地には、 歳を重ねたひとのてのひらと よく似た美が刻まれている。


季節のゆたかな稔りをもたらす山々にかこまれ、昔ながらの農村集落のくらしが営まれている福島県・西会津町。築150年の蔵を改装し、2022年7月にオープンした古川利意記念美術館 「農とくらし」の初となる企画展は、「衣」をテーマに開催します。


この地でくらしてきた人びとへの聞き取りを行い集められた、郷土性をまとう衣服。それらを通して語られる、人びとのきおくや物語から紡がれた「詩」。そして、そうした昔ながらのくらしの情景を今に伝える、古川利意さんの風習画で構成される展示です。

子どもの晴れ着、礼服、仕事着など、この地の人が実際にまとっていたものや、手づくりで仕立てた服など、一着の服をとおして会津の風土や美意識にふれながら、その背景にあるひとりひとりのくらし、地域のきおくを辿ります。

あの人のことを、あの日のことを思い浮かべる。

ふるいようで、洗練されている。誰かにとってはなつかしく、誰かにとってはあたらしい。


服が、ことばが、絵が、語りかけてくる物語をあなたはどのように受けとりますか。



会期:2023.4.29 [祝・土] -11.26 [日]


開館日:土・日・祝


開館時間:10:00-17:00


会場:古川利意記念美術館「農とくらし」


お問合せ

古川利意記念美術館「農とくらし」

〒969-4734 福島県耶麻郡西会津町奥川大字飯里字里道2246 

TEL 080-6019-0384 (代表 小野木麗子)




閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【セミナー】令和6年度「Fukushima Tech Create」ビジネスアイデアコンテスト(イノベのたまご2024)参加者募集

1 趣旨 福島イノベーション・コースト構想の対象地域(イノベ地域※)を舞台に今後活躍が期待される若年層及び女性起業家を対象とするビジネスアイデアコンテストを行い、果敢にチャレンジする方々を後押しするとともにビジネス創出につながる環境づくりを促進させることにより、同構想を加速化させることを目的に実施します。 (※)福島県の浜通り地域イノベ地域15市町村(いわき市、相馬市、田村市、南相馬市、川俣町、広

Comments


bottom of page